JavaScriptでアニメーションを書く場合にはCSSも活用するべき

Yamagishi Kazutoshi

Yamagishi Kazutoshi

Software Developer

はてなブックマークの人気エントリーをながめていたところJavaScriptでアニメーションを書く初歩の初歩のような記事が目にはいりました。初歩であればこそ、この記事で省かれているrequestAnimationFrameの話をするべきではないのかとも思いますが、それよりもわたしは元の記事に掲載されているコードがJavaScriptを用いて十ミリ秒の間隔を開けて複数の処理を何度もウェブブラウザーにさせてしまっていることが気になりました。また、いくつかの処理を完了させてから、setTimeoutを用いて任意の時間が経過するのを待ち、同様の処理を行うというかたちになっていますので、処理に時間がかかってしまえば、なめらかな描写は到底実現されないものとなってしまっています。

HTML.jsについて

Yamagishi Kazutoshi

Yamagishi Kazutoshi

Software Developer

HTML.jsというJavaScriptで楽にDOM操作を行えるようにするライブラリーがあります。結論から申しますと、このライブラリーは絶対に使うべきではないライブラリーとなっています。

JavaScriptは決して遅くない

Yamagishi Kazutoshi

Yamagishi Kazutoshi

Software Developer

数年前ならいざ知らず、現代のJavaScriptは充分に高速な動作が実現されている。無論C言語で記載されたいわゆるネイティブアプリケーションと比較すれば計算速度等では大きく劣ってしまう。だがしかし複雑な計算等を必要としない通常範囲のアプリケーションであればJavaScript (とHTMLとCSS) で記述がなされたアプリケーションの実行速度はネイティブアプリケーションと遜色ないものになると半ば強い確信を抱いている。ではJavaScriptで記述がなされているアプリケーションの動作が緩慢であるという認識がなぜ多くの場でなされているのか。それは単純な理由である、そのアプリケーションの作者が知識不足でDOM操作が冗長的なものとなっており無駄が多くなってしまっているからだ。

SPDYはどのような状況でも速度向上が見込めるような万能な技術ではない

Yamagishi Kazutoshi

Yamagishi Kazutoshi

Software Developer

ここ最近、俄かにSPDYが流行の兆しを見せているように見える。言及されぬ技術は使われず、そして使われぬ技術は存在しない物であるのと同義であると私は考えるので悪い事ではないのだが、本来SPDYを使う上で注意すべきである点を無視して言及しているように見えるので一度深く熟考する必要があるのではないだろうか。