iOS 6.0にアップデートしてSafariのデバッグコンソールが使えなくなってしまったので代替方法を考えた

Yamagishi Kazutoshi

Yamagishi Kazutoshi

Software Developer

iPhoneとiPadのシステムソフトウェアをiOS 6.0にアップデートしたところ、Safariのデバッグコンソールを表示する方法を見付けられなくなってしまった。Webインスペクタというのが追加され、Mac OS X上で動作するSafariがあれば効率良くデバッグ出来るようになったようなのだが、非常に残念な事に現在の私の手許にはMac OS Xの環境が存在しない。なのでiOSのSafariでのデバッグが出来ないようになってしまった。探せば既存のデバッグコンソールを表示する方法があるのかも知れないが、しばらく探しても見付ける事が出来なかったので、非常にその場凌ぎの解決法で済ませた。

HTML 5は「アメリカ人」が標準化させようとしている物ではありません

Yamagishi Kazutoshi

Yamagishi Kazutoshi

Software Developer

内容に関しても思う所は御座いますが、一つだけ。

HTML 5の仕様を現在 書いていらっしゃるGoogle社のIan Hickson氏はアメリカの方ではなくスイスで生まれた方です。現在どちらに住まれているのかは存じませんが少なくとも「アメリカ人」と表現されるような方ではないかと考えます。

BlobBuilderインターフェースが非推奨となっていた

Yamagishi Kazutoshi

Yamagishi Kazutoshi

Software Developer

最近になって気がついたがBlobBuilderインターフェースが非推奨となっていた。Chronium 21.0.1180.75にてnew WebKitBlobBuilder()といった記述のあるスクリプトを実行すると「BlobBuilder is deprecated. Use “Blob” constructor instead.」といった表示がコンソールに出力されるようになっている。まだ現時点では使えはするようだがいつ使えないようになってしまうのかわからない。なのでつかうようにと表示されているようBlobはどういった仕様でどのようにつかえるものなのかを簡単に調べてみた。

XMLHttpRequestをもっと便利につかえるようになるであろうresponseType属性について

Yamagishi Kazutoshi

Yamagishi Kazutoshi

Software Developer

XMLHttpRequest Level 2のWorking DraftにはresponseTypeという属性があります。この属性に'json'という値を代入することにより、req.send()を実行したのちに、response属性にあたかもJSON.parse(req.responseText)としたかのようなobjectがいれられるようになります。readyState属性の値がXMLHttpRequest.DONE (4) になった段階でresponseTextをパースするようなコードを書けば良い話ではあるのですが、コードの短縮化簡潔化をはかれて多くの人はしあわせになれるのではないでしょうか。この記事を執筆している段階では当該仕様はWorking Draftであり、実装もまだFirefoxでしかおこなわれていないようです (Opera 12.00以降でも対応しているそうです) が、とても便利につかえそうなものなので今後 多くの環境で実装されることをねがいたいものですね。